膵臓損傷<外傷>の症状の現れ方

 初期の段階ではおへその上部に軽い痛みを訴えるのみです。
 時間の経過により痛みは強くなり、同時に背部痛、吐き気、嘔吐を伴うようになります。

膵臓損傷<外傷>の診断と治療の方法

 主膵管損傷を伴う膵臓損傷に対しては、膵臓温存手術などの複雑な手術は避けて、単純で安全な膵臓摘除術を選択すべきです。