尿道損傷<外傷>の症状の現れ方

 前部尿道損傷では、尿道からの出血、会陰(えいん)部および陰嚢(いんのう)部の皮下出血、排尿困難がみられます。
 後部尿道損傷では、尿道出血は少量で、肛門周囲に皮下出血班がみられます。また、静脈が豊富な部位のため、出血が大量になりやすいのが特徴です。

尿道損傷<外傷>の診断と治療の方法

 損傷が起こった直後は、カテーテルの挿入や内視鏡の使用は、損傷を増大させることがあるため行いません。まず下腹部で膀胱に針を刺し、尿を体外に導く路を確保します。前部尿道損傷の軽度のもので、尿道カテーテルの挿入が可能な場合では、カテーテル留置のみでの治癒が可能です。
 その他の症例では外科手術が必要になります。術後の合併症として、尿道狭窄(きょうさく)、尿失禁、勃起(ぼっき)障害などがあります。