膀胱・尿道異物<外傷>の症状の現れ方

 異物の膀胱粘膜への刺激による頻尿(ひんにょう)、排尿時痛、肉眼的血尿がみられます。異物が長期に存在したり細菌感染を伴うと、結石を形成したり、膀胱壁に穴があくこともあります。

膀胱・尿道異物<外傷>の診断と治療の方法

 まず内視鏡を用いて、尿道から異物の摘出を試みます。
 巨大なものや内視鏡操作では摘出が不可能な場合には、膀胱を切開して異物を取り出します。