関節内遊離体(関節ねずみ)<外傷>の診断と治療の方法

 骨軟骨片が大きければ手術で骨片を整復して内固定をしますが、小さければ骨片摘出あるいは放置することもあります。手術の目的は、骨軟骨片の処置とともに膝蓋骨脱臼の再発防止にあり、いろいろな方法の手術が行われています。