潜函病(急性減圧症候群)<外傷>の症状の現れ方

 I型の減圧症では、皮膚の掻痒感(そうようかん)(かゆみ)、浮腫(むくみ)、紅斑(こうはん)、関節痛、筋肉痛、しびれ感や、全身倦怠感(けんたいかん)が現れます。
 II型の減圧症は、頭痛、けいれん、片麻痺(かたまひ)、意識障害、視力・視野障害などを起こす中枢神経型、四肢麻痺(ししまひ)を起こす脊髄(せきずい)型、めまい耳鳴り、聴力障害を起こす内耳型、呼吸困難、チアノーゼ、胸痛、重症例ではショックから心停止に至る呼吸循環型などに分類されています。

潜函病(急性減圧症候群)<外傷>の診断と治療の方法

 可能なかぎりすみやかに酸素再圧療法(高気圧治療)を行うこと、気泡による血管内凝固、血液濃縮、神経系の浮腫など二次的な障害を取り除くこと、呼吸循環管理を中心とした対症療法を行うことが治療の要点です。
 高気圧治療とは、大気圧より高い環境(高気圧酸素治療装置)によって行う治療法で、大きく分けて高気圧酸素療法(コラム)と酸素再圧療法があります。酸素再圧療法は、気泡の再溶解、窒素の洗い出し、および組織低酸素症の改善が目的です。