川崎病と冠動脈障害<循環器の病気>の症状の現れ方

 川崎病の急性期には特有の症状があり、本症の診断は臨床症状の組み合わせによって行われます。
 厚生省(当時)川崎病研究班作成の川崎病診断の手引きでは、6つの主要な症状、すなわち、
(1)5日以上続く発熱(38〜40℃)
(2)四肢末端の変化:〈急性期〉手足の硬性浮腫(むくみ)、手のひらないし指趾(しし)先端の紅斑、〈回復期〉指先からの膜様落屑(まくようらくせつ)(角層が小板状に皮膚表面からはがれ落ちること)
(3)不定形発疹
(4)両側眼球結膜の充血
(5)口唇、口腔所見:口唇の紅潮、イチゴ舌(じた)、口腔粘膜のびまん性発赤
(6)急性期の非化膿性頸部(けいぶ)リンパ節腫脹(しゅちょう)
のうち、5症状以上が認められる場合、川崎病と診断します。ただし、4症状しかなくても冠動脈瘤が認められ、他の疾患が除外されれば川崎病と診断されます。
 検査として本症に特異的なものはありませんが、白血球の増多、赤沈の亢進、CRPの著しい上昇がみられます。心電図、胸部X線、心エコー検査により心臓の合併症の有無を確認することも重要です。

川崎病と冠動脈障害<循環器の病気>の診断と治療の方法

 心臓に後遺症がない場合には、アスピリンを発病から2カ月間服用し、その後心エコー検査で冠動脈瘤がないことを確認して中止します。急性期からγ(ガンマ)‐グロブリン静注大量療法が行われるようになり、以前に比べて冠動脈瘤の合併が減ってきました。
 また、冠動脈瘤が合併している場合にはアスピリンを継続投与し、瘤が大きいものにはワルファリンの併用も考慮し、重症例ではバイパス手術や経皮的冠動脈形成術が必要になることもあります。