アダムス・ストークス症候群とはどんな病気か

 急に発生した極端な徐脈(じょみゃく)、心停止、頻脈(ひんみゃく)のために、心臓から脳への血液の供給が大きく低下したり停止して、脳の酸素低下を来した場合をいいます。その結果、めまい・失神・けいれんが現れて死に至ることもある危険な状態です。

原因は何か



 洞不全(どうふぜん)症候群房室(ぼうしつ)ブロックによる心停止か、心室頻拍(しんしつひんぱく)・心室細動(しんしつさいどう)のような心拍数の極めて速い心室性頻脈(図23‐G)に分けられます。
 本症候群の原因の50〜60%は房室ブロック、30〜40%が洞不全症候群とされます。残りは、心室頻拍(多形性心室頻拍トルサードポワンツを含む)・心室細動です。まれですが、心房粗動(しんぼうそどう)や心房細動(しんぼうさいどう)でも心房から心室の伝導が過剰に亢進すると高度頻脈となり、脳の虚血(きょけつ)に陥ります。

症状の現れ方

 通常、脳の虚血症状が突然に現れます。症状の程度は、徐脈では心臓が停止している時間の長短に、頻脈では脈拍数と頻脈持続時間によって決まります。
 そのほかに、脳の虚血が原因で起こる全身けいれんや、二次的な頭部外傷がしばしばみられます。症状が消失した時点では、神経学的な異常はみられないのが特徴です。

検査と診断

 洞不全症候群で本症候群を来すのは、徐脈頻脈症候群が多いようです。頻脈も発作中の心電図の波形から診断されます。いくつかの疾患では非発作時にも心電図の異常があります。QT延長症候群、ブルガダ症候群、特発性心室細動、WPW症候群、不整脈源性右室異形成症(うしついけいせいしょう)などです。心臓の電気生理学的検査による頻脈の誘発試験は、診断に有用です。

治療の方法

 徐脈が原因であれば、意識消失発作の予防にはペースメーカーの植え込みが必要になります。心室細動、心拍数が多い心室頻拍の再発が危惧される時には、頻脈発生に際してはそれを電気的に停止させる植込型除細動器の植え込みが必要になります。(コラム)。

アダムス・ストークス症候群に気づいたらどうする

 症状が最初は軽くめまい程度で自然に消失しても、数時間、数日後に繰り返すおそれがあるので、早期に循環器専門医の診察を受けてください。