動脈塞栓症(急性動脈閉塞)とはどんな病気か

 動脈が急性に詰まってしまう病気を急性動脈閉塞と呼びます。
 突然手足に痛みが生じて、手足の先が冷たくなってしびれがある場合には、手足へ行く動脈が詰まった可能性があります。首や脳へ行く血管が詰まると脳梗塞(のうこうそく)になり、意識障害や手足の麻痺(まひ)が起こる危険性もあります。

原因は何か

 急性動脈閉塞の主な原因は、心臓内にできた血の塊(血栓)が大動脈内に流入し、先の細い血管内に詰まることにより起こります。血流に血栓などの塊が乗って、先の血管に詰まる状態を塞栓症といいます。
 心臓内に血栓ができる原因は、心房細動(しんぼうさいどう)などの不整脈によるものが多いとされています。心房細動がある人は、血栓予防のために、ワルファリンなどの血液を固まりにくくする薬剤の服用がすすめられます。

動脈塞栓症(急性動脈閉塞)に気づいたらどうする

 突然に手足が冷たくなり、痛みが生じて、脈が触れなくなった場合は、急性動脈閉塞の可能性があるので、心臓血管専門医の診察を受けてください。血栓を除去して回復できる可能性があります。