薬剤性肺炎とはどんな病気か

  • 薬剤性肺炎は大きく分けて、抗がん薬などで発症する細胞傷害性のものと免疫学的機序(アレルギー)で発症する場合とがあります。
  • 2003年現在に市販されている176品目の抗菌薬の添付文書を調べると、薬剤性肺炎に関連すると思われる薬剤肺傷害の記載が85品目(48%)に、また抗腫瘍薬では約54%にあります。

薬剤性肺炎の原因は何か

  • 免疫学的機序(きじょ)による薬剤性肺炎は、抗原抗体反応による過敏性(かびんせい)肺炎の様相が強いものです。
  • しかし、最近では直接免疫反応に作用するもの、アミオダロンのような脂質の代謝に影響する薬剤やINF(インターフェロン)、G‐CSFなどによるサイトカイン療法、さらに、分子標的治療薬であるゲフィチニブによる薬剤性肺障害なども報告されています。
  • 薬剤性肺炎はひとつの薬剤だけで起こるとはかぎりません。
  • 時には複数の薬剤の相互作用によって発症しやすくなることがわかってきました。
  • たとえば、C型慢性肝炎の治療に使われるインターフェロンと小柴胡湯(しょうさいことう)や、G‐CSFと抗がん薬などの併用で間質性(かんしつせい)肺炎が発症することがあります。
  • 小柴胡湯単独でも薬剤性肺炎を発症しますが、インターフェロンの併用により、さらに薬剤性肺炎の頻度が増すことがわかっています。
  • インターフェロンによってC型慢性肝炎を治療中に発症する間質性肺炎は0・1%程度で、さらに小柴胡湯を併用すると24〜74%と、報告により幅があるものの、少なくとも頻度は高くなります。

薬剤性肺炎の症状の現れ方

  • 薬剤性肺炎が疑われる症状のポイントは、以下のとおりです。
  • (1)膿性痰(のうせいたん)は一般的には少ない。
  • 最初は膿性痰でも、X線写真の陰影が広がるにもかかわらず膿性痰が少なくなることがある。
  • つまり、膿性痰の原因である最初の細菌性肺炎が治り、この治療のために使った抗菌薬で薬剤性肺炎が発症してくる。
  • (2)全身状態が細菌性肺炎に比べて比較的軽く、重篤感が少ない印象がある。
  • (3)原因薬剤を服薬し始めた後から発症。
  • (4)すべての薬剤で起こりうる。
  • (5)併発する皮疹、肝障害が認められることがあるので、注意が必要。
  • (6)免疫力の低下がないにもかかわらず、適切に選択された抗菌薬の効果がない。

薬剤性肺炎の検査と診断

  • 現在、確実な診断法はないので、臨床経過、身体所見、画像、検査データなどから総合して診断することになります。
  • つまり、前述した疑われるポイントを頼りに、総合的に診断します。
  • 補助診断として薬剤リンパ球刺激テスト(DLST)が行われることがあります。
  • DLSTは生体外で、原因薬剤と本症を発症した患者さんのリンパ球とを反応させ、その度合いをみる検査で、本症の診断法のひとつです。
  • しかし、絶対的なものではなく、薬剤性肺炎でなくても陽性になったり、逆に、薬剤性肺炎でも陰性になることもあります。
  • 胸部X線像では末梢性優位(肺の末梢に、より強く陰影がみられる)で、移動・出没する陰影がみられることがありますが、絶対的なものではなく、疑いをもつ指標と考えます。
  • 末梢血好酸球(こうさんきゅう)の増加などを伴うこともあります。
  • また、間質性肺炎のマーカーであるKL‐6が高値になることがあるので、補助診断になります。
  • 鑑別診断にあたっては、本症は臨床診断として抗菌薬無効の感染性肺炎として認識される場合も多く、感染症の否定は本症を診断するうえで最も重要なポイントのひとつです。
  • とくに、頻度が高い細菌性肺炎マイコプラズマ肺炎クラミジア肺炎、さらにウイルス肺炎、真菌性肺炎などの日和見(ひよりみ)感染症(何らかの原因により体に免疫の低下が起こり、通常では病原性をもたないような弱毒微生物による感染症をいう)が区別すべき疾患として重要です。
  • また、肺線維症(はいせんいしょう)、放射線肺炎(ほうしゃせんはいえん)も区別すべき疾患にあがります。
  • そのほか、急性呼吸窮迫(きゅうはく)症候群(ARDS)や間質性肺炎と表現されているもののなかに、薬剤性肺炎が含まれていることもあります。
  • これらの感染症の診断には血清抗体価検査、培養検査、抗原検索を行います。
  • 血清抗体価の推移で診断する場合は、ある程度以上の抗体価の上昇があり、急性期と回復期(ペア血清)で抗体価が4倍以上高値になると陽性と判断します。
  • しかし、発症早期では抗体が上昇していないことが多いため、治療を行う場合の判断材料としては使えないことが多く、本疾患の診断を難しくしています。

薬剤性肺炎の治療方法

  • 基本的には、まず原因と考えられる薬剤を中止します。
  • しかし、必要性があり投与されている薬剤を、薬剤性肺炎が疑われるというだけで中止できるかどうかが問題になります。
  • 原因薬剤が特定できれば、中止しなければなりません。
  • 治療としては、多くはステロイド薬(プレドニゾロン、メチルプレドニゾロンなど)の投与を行います。
  • また、免疫抑制薬が投与されることもあります。
  • そのほか、呼吸不全に対する治療、補液などを使う基本的な治療も併行して行われます。

予後

  • アレルギー機序(仕組み)の薬剤性肺炎は、比較的予後がよいとされています。
  • 抗がん薬などで発症する細胞傷害性のものでは、治療しているにもかかわらず進行することが決して少なくありません。

薬剤性肺炎に気づいたらどうする

  • 薬の投与を受けている現在の主治医に相談するのがいちばんよいでしょう。
  • もちろん、肺炎を示すので、呼吸器疾患もしくはアレルギーを専門とする科を受診するのもよいと思われます。
  • 健康食品や漢方薬でも発症することがあるので、服薬しているものをすべて主治医に報告しておきます。
  • 服薬したあとに症状が増悪する場合や、疑われる症状がある場合は必ず伝えてください。
  • 今までに薬剤アレルギーがあった場合には、患者さんと医師がともにその薬剤の名称と系統を知っておく必要があります。
  • 薬剤を服用する場合には、主治医に過去の薬剤アレルギーについて報告してください。

関連項目