肺性心<呼吸器の病気>の症状の現れ方

 咳(せき)、痰、易(い)疲労感(疲れやすい)のほか、胸がゼーゼーしたり(喘鳴(ぜんめい))、呼吸困難が出現します。
 進行すると呼吸困難が強くなり、酸素不足のために唇や爪が紫色(チアノーゼ)になったり、静脈の流れが悪くなるために肝臓がはれてきたり、むくみ(浮腫)が出てきたりします。

肺性心<呼吸器の病気>の診断と治療の方法

 基本的には、肺性心の原因である肺の病気に対する治療を行います。
 低酸素血症は肺血管の抵抗を上昇させ、肺性心を悪化させる要因となるので、慢性呼吸不全を合併した肺性心の患者さんでは在宅酸素療法を行います。ただし、不用意に多量の酸素吸入を行うと、血液中の二酸化炭素がたまりすぎ、呼吸が止まってしまうことがあるので注意が必要です。
 右心不全に対しては、右心室にかかった負荷を軽くするため、フロセミドなどの余分な水分を尿として排泄させる利尿薬(りにょうやく)、ジゴキシンやジギトキシンなどの心臓のはたらきを強くする強心薬、マレイン酸エナラプリル(レニベース)やロサルタンカリウム(ニューロタン)などの血管拡張薬を使います。