横隔膜ヘルニアとはどんな病気か

 横隔膜の先天的または後天的な裂孔(れっこう)(裂けた孔(あな))から、腹部臓器が胸腔内や縦隔内に脱出した状態です。食道裂孔ヘルニア、ボホダレクヘルニア、モルガニヘルニア、外傷性ヘルニアが主なものです。
 食道裂孔ヘルニアは成人のヘルニアの80〜90%を占め、脱出臓器は胃です。
 ボホダレクヘルニアは先天性のヘルニアで、左背側に多く、小腸や大腸が脱出します。モルガニヘルニアも先天性で、右側に多く、大網(だいもう)(胃からエプロンのように垂れ下がり、横行結腸と小腸の間をおおう腹膜の一部)や横行結腸が脱出します。
 外傷性ヘルニアは、事故などで横隔膜が損傷を受けて発症します。通常、左側に多く、胃、小腸、大腸などさまざまな臓器が脱出することがあります。

原因は何か

 食道裂孔ヘルニアは、高齢になるにしたがい、肥満、妊娠、亀背(きはい)(背中が曲がって丸くなった状態)などの影響を受けて発症します。そのため、高齢女性に多くみられます。
 ボホダレクヘルニア、モルガニヘルニアは、先天的なものです。
 外傷性ヘルニアは、交通事故や高所からの転落事故で発症します。

症状の現れ方

 食道裂孔ヘルニアの多くは無症状です。食後に強まる胸骨後部痛や胸焼けを感じたり、吐血や下血を来す場合もあります。
 ボホダレクヘルニアが大きい場合は、出生直後に呼吸困難、チアノーゼなどの重い呼吸障害に陥ることがあります。モルガニヘルニアは、無症状から呼吸困難やチアノーゼを来す例までさまざまです。
 外傷性ヘルニアでは、受傷直後に胸骨下部の強い痛み、嘔吐、呼吸困難、ショックなどが現れることがあります。

検査と診断

 胸部X線検査で、胸腔内や縦隔内に腸管のガス像を認めます。消化管バリウム造影検査では、より明瞭に脱出した腸管が描写され、確定診断となります。

治療の方法

 食道裂孔ヘルニアで胸やけなどの症状がある場合には、制酸剤などを投与します。無症状の場合は放置しておいてかまいません。
 ボホダレクヘルニア、モルガニヘルニア、外傷性ヘルニアでは手術が行われます。手術で、横隔膜裂孔がふさがれば予後は良好です。

横隔膜ヘルニアに気づいたらどうする

 高齢の女性が、食後に強まる胸骨後部痛や胸やけを感じたら、食道裂孔ヘルニアの可能性があるので、内科を受診してください。
 ボホダレクヘルニアやモルガニヘルニアは、出生直後のチアノーゼなどから、産婦人科医が気づきます。
 交通事故や高所からの転落事故後に、胸骨下部の強い痛み、呼吸困難などを感じたら、早めに内科や外科を受診します。