結核性髄膜炎とはどんな病気か

 亜急性に発症することが特徴で、病理所見では、髄膜の混濁、肥厚(ひこう)がみられ、その変化は脳底部(のうていぶ)で強く、脳底髄膜炎とも呼ばれます。

原因は何か

 発症は主として、体内の他の部位の結核病巣からの血行性播種(けっこうせいはしゅ)(粟粒(ぞくりゅう)結核)によります。病発巣としては肺結核の頻度が最も高いのですが、リンパ節、骨、腎結核などもあげられます。

症状の現れ方

 発病は比較的緩やかで、頭痛、嘔吐、発熱などが現れます。項部(こうぶ)(うなじ)硬直が認められ、脳底髄膜炎の進行とともに、水頭症(すいとうしょう)による脳圧亢進、意識障害や動眼(どうがん)神経、外転神経麻痺などの脳神経麻痺がみられます。

検査と診断

 ツベルクリン反応が陽性で、一部は陰性化します。クオンティフェロンも結核感染の有力な指標となります。胸部X線所見の異常は約半数で認められます。髄液圧は上昇、リンパ球、単球細胞増加、蛋白増加、アデノシンデアミナーゼ活性上昇などの所見がみられます。PCR法による結核菌ゲノム(遺伝子)の検出が迅速診断として有用です。頭部CT、MRI所見は脳底槽(そう)の異常所見、血管炎・水頭症の存在などが特徴的とされます。
 結核の既往歴の有無、胸部X線所見、頭部CT・MRI所見を参考にし、髄液からPCR法による結核菌ゲノム陽性、あるいは塗抹(とまつ)か培養検査で結核菌の存在を証明し、診断を確定します。

治療の方法

 結核性髄膜炎が疑われた時点から、イソニアジド0・4g日(経口)、リファンピシン0・45g日(経口)、ピラジナミド1・5g日(経口)、ストレプトマイシン1g(筋注)の4剤を使います。重症例には副腎皮質ステロイド薬を投与することがあります。約30%の死亡率とされ、生存例の30%に後遺症がみられます。早期治療が重要です。
 長期間の治療になることが多く、抗結核薬の副作用(たとえば、ストレプトマイシンでは聴力障害)にも注意を払う必要があります。

結核性髄膜炎に気づいたらどうする

 比較的緩やかな発症で、頭痛、嘔吐、発熱などがみられた場合は、神経内科、内科、小児科の医師に相談してください。