小脳の炎症<脳・神経・筋の病気>の症状の現れ方

 小脳炎は呼吸障害や意識障害が強い重症型でなければ、生命に関わる病気ではありませんが、ふらつきなどが月単位で続き、不便な状態が続きます。

小脳の炎症<脳・神経・筋の病気>の診断と治療の方法

 血液中の神経に対する抗体を取り除くために、血漿交換(けっしょうこうかん)やガンマグロブリンという血液製剤で治療をするようになり、病状の回復が早くなりました。