側頭動脈炎とはどんな病気か

 高齢者の頭痛の原因として重要な疾患ですが、日本人では白人ほど多くありません。側頭部の皮下を走っている浅側頭(せんそくとう)動脈に起こる血管の炎症(血管炎)で、50歳以上で発症し、60〜70代をピークに高齢者にみられます。

原因は何か

 この血管に起こる炎症の原因はまだわかっていません。

症状の現れ方

 片側または両側の側頭部に、拍動性の強い痛みを自覚するようになり、場合によっては、ものを噛む時に、ものを噛んだり咀嚼(そしゃく)したりする筋肉に痛みを伴います。典型的な場合には、側頭部に発赤を認め、索状(さくじょう)(ヒモのように細長い形態)になった肥厚した浅側頭動脈が触れます。
 この病気では、頭痛ばかりではなく、約4〜5割の患者さんで視力障害が認められ、約1割の患者さんで失明することがあります。眼動脈にも炎症が生じ、視神経や網膜の血流障害が起こるからです。
 また、リウマチ性多発筋痛症(たはつきんつうしょう)に類似した全身の筋肉痛を伴うこともあります。

検査と診断

 血沈が著しく亢進していることが多くみられます。血管撮影では外頸動脈系(がいけいどうみゃくけい)に狭窄(きょうさく)などを認めます。診断を確実にするには、浅側頭動脈の生検(組織をとって調べる)が必要になります。

治療の方法

 副腎皮質ステロイド薬を用います。早期から治療することが大切です。服用する期間が短いと再発することがありますので、専門医とよく相談しながら治療を受けてください。

側頭動脈炎に気づいたらどうする

 強い頭痛を感じたら、早めに神経内科あるいは脳外科の専門医の診察を受け、診断を確実にして、早期から適切な治療を受けてください。