小児外反扁平足<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 体重をかけないとわかりませんが、立った時に土踏まずが不明瞭(扁平)となるために気づかれます。

小児外反扁平足<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 土踏まずを保つことによって足部骨格が正常に発育するのを助ける目的で、アーチサポート(土踏まず支え)や靴型装具が使われます。年齢が進むと、多くは土踏まずが形成されます。