上腕骨遠位部骨折とはどんな外傷か


図11 上腕骨遠位部骨折
 上腕骨の肘付近の骨折です。転んだ時に手をついたり、直接打撲した時に起こります。肘の関節のなかまで骨折が及ぶこともあります(図11)。

上腕骨遠位部骨折の症状の現れ方

 肘周辺の強いはれと痛みが出ます。そのため腕を動かすことはできません。はれが強くなると、神経や血管が圧迫されるため指先のしびれが出ます。

上腕骨遠位部骨折の検査と診断

 X線検査をします。CT検査も必要となることがあります。

上腕骨遠位部骨折の治療方法

 骨折部にずれがない場合には、4週間前後ギプス固定を行います。ずれがある場合には手術により骨折部を合わせ、金属で固定します。
 固定によって肘の動きが悪くなると日常の生活で困るので、できるだけ早期から関節を動かす練習を開始します。そのため短期間ですがリハビリテーションが必要となります。

応急処置はどうするか

 三角巾や板などで腕を固定し、整形外科を受診してください。はれが強く手がしびれたり、指の動きが悪い場合は早急に受診したほうがよいでしょう。

上腕骨遠位部骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>に関連する病気