舟状骨骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 親指を動かすと手首に近い親指の付け根の部分に痛みが出たり、その部位を押すと痛みが出ますが、あまり強い症状は現れません。受傷後しばらくしても仕事をすると痛みが出たり、強く手を握ると痛みが出る場合にはこの骨折の可能性があります。

舟状骨骨折<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 ずれが少ない場合には親指から肘までギプス固定をしますが、6週間以上必要となります。ずれが大きかったり、受傷して時間がたっている場合には、ねじで骨折部を固定します。骨のつきが悪い場合には骨を移植します。