野球肩(水泳肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 投球、投てき、アタック、スマッシュ、水かき動作などの繰り返しで肩に運動痛が現れ、やがて安静時痛や不安感を来すようになります。回旋筋腱板の損傷では肩の外転(腕を側方から上に挙げること)が困難になり、関節唇損傷では引っかかり感やクリッという雑音を聞くことがあります。

野球肩(水泳肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 病態によりまちまちですが、保存療法としては、スポーツ活動の休止、アイシング、ストレッチング、回旋筋群の等張性(一定の力かげんで動かす)の筋力トレーニング、ステロイド薬の局所注射を含めた消炎鎮痛薬の投与、最近ではヒアルロン酸の注射などが行われます。手術療法としては、回旋筋腱板断裂に対する縫合術、関節唇損傷に対する縫合や切除術などがあります。リトルリーグ肩では骨端線離開の程度がかなり大きな場合でも、多くは保存療法で治ります。