骨軟骨腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 骨軟骨腫をもっている多くの人は、病変が小さくて気がつかないで生活しています。ほかの原因でX線検査を行い、偶然に発見されることもあります。これが少し大きくなると痛みのない硬い「しこり」として触れるようになります。
 さらに大きくなると、周囲の筋肉や腱などを圧迫したり、滑らかな運動の妨げになるため、関節が動かしにくいとか痛いなどの症状を起こすようになります。また、血管や神経を圧迫すると、血行障害や神経の刺激症状として痛みを引き起こします。
 肘から先の部分や膝から下の下腿など、2つの骨が隣り合っているところでは、骨軟骨腫が隣の骨を圧迫して成長を妨げたり、変形を引き起こして痛みが生じることもあります。

骨軟骨腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 骨の「こぶ」があっても、日常生活に支障がなければ、経過観察で十分です。
 しかし痛みが生じたり、関節の動きが悪くなったりした時には手術がすすめられます。骨軟骨腫のために神経が押されて麻痺したり、血管が押されて血液の流れが悪くなるなどの場合には早めの手術が必要です。さらに、軟骨帽の厚さが厚くなってきたとか、しこりが急に大きくなってきたなど悪性化が疑われる時にも手術が必要になります。