内軟骨腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 手足などの小さい骨に内軟骨腫が生じると、軟骨腫が骨を内側から削ったり、骨を膨張させるように変形させたりします。初期だと痛みもなく、ほかの原因でX線検査を行い、偶然に見つかることもよくあります。
 徐々に内軟骨腫が大きくなり、骨が薄く弱くなると痛みが出てきます。また、少しの衝撃で骨折を起こして発見されることがあります。このように普通の状態の骨なら骨折しないのに、少しの衝撃で折れることを病的骨折といいます。

内軟骨腫<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 痛みを伴う場合や、骨の外側の厚い部分(骨皮質)が薄くなって病的骨折を起こす危険がある時には手術が必要です。病的骨折を起こしている場合には、よい形に直し、骨折を治してから手術を行います。
 摘出したあとにできた骨欠損部には骨を移植します。以前は、内軟骨腫の部分とは別に切開を入れて骨盤など自分の骨を一部とり、これを移植しましたが、現在では人工骨を移植用に用いることが多くなりました。