キーンベック病<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 手関節の痛み、はれが生じます。X線像では、月状骨の透亮像、硬化像、扁平化を認めます。骨端症と異なり、自然に修復されることはほとんどなく、破壊が進行すると軟骨に障害を生じて手関節の関節症の状態になり、痛みのために日常生活に多大の不自由を生じるようになります。

キーンベック病<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 軽症の場合にはサポーターをつけたり、手を激しく使うことを制限するようにします。重症の場合には、前腕の2本の骨の長さのバランスを変える骨切り術などの手術療法が行われることがあります。