手における変形性関節症とはどんな病気か

 長年の使用や繰り返される負担によって、軟骨がすり減ったり、骨の変形が生じたりする病気です。関節リウマチや、ほかの膠原病(こうげんびょう)などでも似たような変形が起こることがあり、鑑別が必要です。

原因は何か

 指の先端の第一関節(DIP関節)に生じる変形性関節症はへバーデン結節(けっせつ)と呼ばれ、40歳すぎに多く発症します。体質が関係している場合があります。女性は男性に比べ10倍ほど多く発生し、加齢、指への負担などで変形が進行します。徐々に複数の指に変形が出現します。
 指の第二関節(PIP関節)に生じる変形性関節症はブシャール結節と呼ばれ、へバーデン結節の20%程度に合併します。
 母指の付け根の関節(母指CM関節、MP関節)の変形性関節症や、手首の関節(手関節)の変形性関節症では、骨折、脱臼などの外傷や、過度の使用によって生じることがあります。

症状の現れ方

 長時間の作業など無理をした時などに疼痛(とうつう)が現れます。痛みの軽い場合もありますが、変形が進行するにつれて動きが制限されてきます。
 指の先端の第一関節(DIP関節)に生じるへバーデン結節では、変形が進行する時期には発赤(ほっせき)やはれがあり、痛みを伴うことがありますが、ほとんど痛みがなく変形だけ生じることもあります。
 母指の付け根の関節(母指CM関節、MP関節)の変形性関節症では、物をつまむ動作で母指の付け根に痛みが出ます。
 手首の関節(手関節)の変形性関節症では、手を使用した時の痛み、手首のはれ、運動制限などが徐々に出現します。

検査と診断

 診断は、はれや痛みの部位の診察とX線検査で行います。X線検査では、関節軟骨のすり減りや骨の増殖(骨棘(こっきょく))の程度を検査します。関節リウマチやほかの膠原病との鑑別のために、血液検査を行う場合もあります。

治療の方法

 まずは痛みに対して安静、装具、湿布、塗り薬、痛み止めの内服薬などを用いた保存的治療を行います。痛みが強い場合には、一時的に炎症と痛みを和らげるため、局所麻酔薬とステロイド薬の注射を行う場合もあります。
 変形のため日常生活に支障がある場合には、機能的な形で関節を固定する手術を行う場合があります。人工関節や関節の形を整える関節形成術といった手術も行われます。

手における変形性関節症に気づいたらどうする

 指や手首の痛み、変形、はれが続く場合には、変形性関節症、関節リウマチやほかの膠原病の可能性もあるため、整形外科やリウマチ膠原病内科の受診をすすめます。