強直性脊椎炎とはどんな病気か

 脊椎の靭帯(じんたい)・腱が骨に付着する部分や椎間板(ついかんばん)が椎体(ついたい)に付着する部分、椎間関節の炎症により、脊柱の椎体間に癒合(ゆごう)が生じて脊柱の運動制限を来す病気です。欧米人に比べて日本人には少なく、男性に多く、家族内での発生が多いとされています。

原因は何か

 リウマトイド因子が陰性の関節疾患である血清反応陰性脊椎関節症のひとつですが、原因は明らかになっていません。近年、強直性脊椎炎とHLA‐B27というヒト白血球抗原との間に密接な関係があるといわれています。

症状の現れ方

 通常、仙腸(せんちょう)関節炎による腰痛、臀部(でんぶ)痛、腰背部のこわばり感などの症状から始まります。症状の進行とともに胸椎の椎体と肋骨も骨癒合するため、深呼吸時の胸部痛が現れます。その他、股関節、膝関節、アキレス腱部の痛みが出る場合もあります。
 最終的には、脊椎全体が強直するため脊椎の動きが失われます。

検査と診断

 単純X線写真における最初の変化は仙腸関節に生じることが多く、骨硬化像、関節裂隙(れつげき)(関節のすきま)の狭小化がみられ、最終的には骨性に癒合します。
 脊柱の変化はまず腰椎に生じ、椎体の前面部が直線化し、椎間板腔の狭小化、前縦(ぜんじゅう)靱帯の骨化や骨棘(こつきょく)形成による椎体間の架橋(かきょう)が形成されます。最終的には椎体はお互いに竹筒状になり、強直が完成します。これを竹様(ちくよう)脊柱(bamboo spine)といいます。
 また、血液検査ではHLA‐B27が陽性になり、CRPという炎症反応が陽性になりますが、リウマトイド因子が陰性であることが特徴です。

治療の方法

 この病気に対する根本的な治療法はありません。脊柱が変形することを予防するため、正しい姿勢を維持することに注意し、脊柱や股関節などの四肢関節の可動性を保つための運動療法を行います。
 薬物療法として非ステロイド性の抗炎症薬も投与されますが、根本的な治療薬ではなく、対症療法に過ぎません。
 脊柱の変形が進み、後弯(こうわん)変形が高度になった場合には、脊柱の骨切り術を行うこともあります。

強直性脊椎炎に気づいたらどうする

 整形外科を受診し、画像検査や血液検査で確定診断をつけます。強直性脊椎炎と診断された場合、竹様脊柱のような末期の状態にならないよう早期に治療を開始することがすすめられます。