強直性脊椎炎<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 通常、仙腸(せんちょう)関節炎による腰痛、臀部(でんぶ)痛、腰背部のこわばり感などの症状から始まります。症状の進行とともに胸椎の椎体と肋骨も骨癒合するため、深呼吸時の胸部痛が現れます。その他、股関節、膝関節、アキレス腱部の痛みが出る場合もあります。
 最終的には、脊椎全体が強直するため脊椎の動きが失われます。

強直性脊椎炎<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 この病気に対する根本的な治療法はありません。脊柱が変形することを予防するため、正しい姿勢を維持することに注意し、脊柱や股関節などの四肢関節の可動性を保つための運動療法を行います。
 薬物療法として非ステロイド性の抗炎症薬も投与されますが、根本的な治療薬ではなく、対症療法に過ぎません。
 脊柱の変形が進み、後弯(こうわん)変形が高度になった場合には、脊柱の骨切り術を行うこともあります。