脊髄空洞症<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状の現れ方

 症状は、空洞症により障害を受けた脊髄の神経支配領域にそった温痛覚障害です。頸椎に病変がある場合は、上肢に症状が出現します。
 空洞症による温痛覚障害の特徴は、たとえば、腕を強くつままれてもふれられているという感覚はあるのに、痛みや熱さを感じなくなります。この現象は解離性知覚障害(かいりせいちかくしょうがい)といわれ、温度を識別する感覚や痛みの感覚がわかりにくくなるのに対し、触覚(ふれる感覚)は正常あるいは軽度の低下にとどまることです。
 外傷性の脊髄空洞症では、疼痛(とうつう)が最も多い症状となります。病気が進み空洞が大きくなると、しびれ、筋肉のやせ、手足の脱力、つっぱりがみられてきます。キアリ奇形に伴う空洞症では、小脳や脳幹が圧迫され、頸部(首)の痛み、睡眠時無呼吸、手足の震えなどが生じることがあります。
 そのほか、典型的ではありませんが、皮膚の栄養障害による手の乾燥、はれ、時に爪の変形が生じることもあります。

脊髄空洞症<運動器系の病気(外傷を含む)>の診断と治療の方法

 無症候性であれば経過観察となりますが、症状がいったん出現すれば自然軽快することはまれです。症状が進行する場合では保存的治療は効果がなく、手術的治療が必要になります。