フリクテン性結膜炎とはどんな病気か

 フリクテンとは水疱(すいほう)のことで、角膜(黒眼)や結膜に丸い隆起のできる病気です。

フリクテン性結膜炎の原因は何か

 一種のアレルギーです。その原因は、昔は結核菌が多かったのですが、現在ではブドウ球菌や真菌(カビ)に対するアレルギーといわれています。

フリクテン性結膜炎の症状の現れ方

 角膜(黒眼)に接する結膜が部分的に充血し、異物感を伴います。多くは角膜の右端か左端の結膜に起こります。数日すると充血の中心が隆起します。自然に治っても再発することが多くみられます。

フリクテン性結膜炎の検査と診断

 症状から診断します。角膜に病変が広がることもあります。

フリクテン性結膜炎の治療方法

 ステロイド薬を点眼すると、普通、数日で治ります。

フリクテン性結膜炎に気づいたらどうする

 あまり悪質な病気ではありませんが、早めに専門医の診察を受けてください。

フリクテン性結膜炎を含むQ&A
フリクテン性結膜炎<眼の病気>に関連する病気