角膜ヘルペス<眼の病気>の症状の現れ方

 上皮型では、充血と軽いころつき、時に痛みを訴えますが、視力の低下は軽度です。実質型では、充血とともに視界がぼやけ、視力がかなり低下します。
 角膜ヘルペスは通常、片眼性で、再発を起こすのが大きな特徴です。

角膜ヘルペス<眼の病気>の診断と治療の方法

 単純ヘルペスウイルスに対する特効薬としてアシクロビル(ゾビラックス)という薬があり、これを眼軟膏(がんなんこう)として使用します。ただ実質型では、体の免疫反応を抑えないと混濁がよくならないので、副腎皮質ステロイド系の点眼薬を併用します。