サルコイドーシス<眼の病気>の症状の現れ方

 眼がかすむ、見えにくくなる、黒い小さい点が飛んでいるように見えるなどのぶどう膜炎に一般にみられる症状が現れます。結節性病変は主に虹彩(こうさい)・毛様体(もうようたい)に現れ、角膜の後面にも炎症が及ぶことがあります。また眼底に炎症が起こると、視力が著しく低下することがあります。全身症状としては、咳(せき)、息切れなどの呼吸器症状、結節性紅斑(けっせつせいこうはん)や丘疹(きゅうしん)のような皮膚症状が認められることがあります。

サルコイドーシス<眼の病気>の診断と治療の方法

 前部ぶどう膜炎に対しては炎症を抑えるためのステロイド薬や、虹彩の癒着を防ぐための散瞳薬(さんどうやく)の点眼が必要です。後部の炎症が強ければ、ステロイド薬を内服することもあります。最近では、硝子体のにごりの激しい例に対して硝子体の手術も行います。緑内障(りょくないしょう)や白内障(はくないしょう)、黄斑浮腫(おうはんふしゅ)などの合併症が現れた時には、それに対する治療も必要になります。