鈍的眼外傷とはどんな外傷か

 鈍的眼外傷とは、さまざまな鈍物による眼の打撲の総称です。眼球の裂傷はなく、打撲により眼球が変形することから生じる網膜(もうまく)、水晶体(すいしょうたい)、虹彩(こうさい)、硝子体(しょうしたい)などの眼内組織の損傷が主な病変です。打撲によって生じる眼窩底骨折(がんかていこっせつ)(眼窩吹き抜け骨折)や眼窩出血、眼筋麻痺(がんきんまひ)などもこのなかに含まれます。

原因は何か

 原因としてはスポーツ中の接触事故、ボール、手拳、出合い頭の衝突事故など、鈍物での打撲があげられます。

症状の現れ方

 症状は眼内の病変の程度によってさまざまですが、視力障害が主なものです。主な病変としては、前房(ぜんぼう)出血硝子体出血、隅角後退(ぐうかくこうたい)、水晶体脱臼(だっきゅう)、種々の網膜病変(網膜振盪症(もうまくしんとうしょう)、網膜裂孔(もうまくれっこう)、脈絡膜破裂(みゃくらくまくはれつ)、外傷性黄斑円孔(がいしょうせいおうはんえんこう)など)、眼窩底骨折(眼窩吹き抜け骨折)などです。眼内に出血すると、その程度に応じた視力の低下を来します。
 出血は軽い場合には1週間程度で回復しますが、著しい場合には手術を行うこともあります。網膜裂孔や網膜剥離(はくり)は、早急に治療が必要になります。また出血のために眼底がよく見えない状態では、網膜病変の有無を知るためにERG(網膜電図)や超音波検査などを行います。
 網膜後極部に出血や脈絡膜破裂を来した場合には、中心部が暗く見え、網膜剥離を起こすと視野欠損を生じます。
 網膜振盪症はとくに治療しなくても自然によくなります。脈絡膜破裂は後極部に起こりやすいものですが、中心窩(か)に発症すると視力低下を来します。水晶体の脱臼は眼圧の上昇を起こしやすいため、長期の経過観察が必要になります。
 隅角後退では外傷性の低眼圧を来し、時に手術を必要とすることがあります。眼窩底骨折では眼球運動障害を生じ、複視、眼球運動痛、吐き気・嘔吐、鼻出血などを来します。

検査と診断

 眼球内の病変の的確な診断を行うために、一般的な眼科検査(視力検査、眼圧測定、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査、眼底検査など)が必須となります。ほかに補助診断法として超音波検査、画像診断(X線検査、CT検査、MRI検査など)、電気生理学的検査(ERG検査など)を必要に応じて行います。

治療の方法

 眼内の損傷に対してはまず止血薬、消炎薬、鎮痛薬などの薬物療法を開始します。眼内の出血が強い場合には手術を行うこともあります。眼窩底骨折で複視がはっきりしている場合には、早期に手術を行います。

鈍的眼外傷に気づいたらどうする

 視力障害がある場合はもちろん、視力障害がない場合でも、眼科専門医の診察を受けることが大切です。とくに高度近視眼やアトピー体質がある場合には、網膜剥離や水晶体の脱臼などを生じやすいことが知られています。