眼球突出<眼の病気>の症状の現れ方

 バセドウ病眼窩腫瘍の場合は徐々に突出しますが、本人が急に気づくこともあります。眼窩蜂巣炎や外傷の場合は、急性に眼球が突出します。
 眼球突出の方向も、病変の部位と関係があります。バセドウ病の場合は前方に突出しますが、涙腺腫瘍(るいせんしゅよう)では眼球は内下方に突出します。また、視力が低下したり、眼が動きにくくなったり、痛みを伴うこともあります。

眼球突出<眼の病気>の診断と治療の方法

 原疾患により治療法は異なります。バセドウ病では甲状腺に対する内科的な治療が主となりますし、眼窩腫瘍では観血的な外科治療(手術など)を行います。
 バセドウ病でも眼球突出が極めて顕著になり、視機能に影響が出る場合は、眼窩の骨を削るなど観血的に眼窩減圧術(がんかげんあつじゅつ)を行うこともあります。眼窩蜂巣炎や外傷などでは抗生剤を使用します。