急性中耳炎とはどんな病気か

  • 鼓膜(こまく)の内側の空間である中耳に炎症が起きた状態で、乳幼児の急性感染症の代表的なものです。
  • 子どもの耳管は大人に比べて太く短いため、6カ月〜2歳児によく起こります。

急性中耳炎の原因は何か

  • 原因は肺炎球菌(はいえんきゅうきん)、インフルエンザ菌が大部分ですが、最近、ウイルス感染の関与も推定されています。
  • 細菌・ウイルス感染症、鼻副鼻腔炎(びふくびくうえん)、咽頭炎(いんとうえん)などの上気道感染症に続いて、上咽頭から耳管を経由して炎症が及びます。
  • 近年、耐性(たいせい)(薬が効かない)肺炎球菌、耐性インフルエンザ菌の頻度が急増しています。
  • そのため、中耳炎が重症化したり、長引く場合も増えてきており、最初の治療が重要です。
  • また、保育園児など集団保育を受ける環境では、反復性中耳炎が増加しています。

急性中耳炎の症状の現れ方

  • 耳痛や耳だれ、発熱、耳閉感(じへいかん)などですが、小さな子どもでは耳痛を訴えず発熱のみのこともあります。
  • 子どもの場合、小児科を受診することが多いのですが、早期診断のためにも、耳を気にしている様子がみられる時には、耳鼻咽喉科専門医の診断が必要です。

急性中耳炎の検査と診断

  • 鼓膜を観察すれば容易に診断がつきます。
  • 鼓膜の発赤、腫脹、うみの貯留による混濁を認め、穿孔(せんこう)(穴)があると拍動(はくどう)性に耳だれの流出が起こります。
  • 治療とともに鼓膜所見は急速に改善するので、治療効果の観察のためにも鼓膜の所見は重要です。
  • 発熱などの全身症状が強く、外耳道が狭くなっている時は、乳様突起炎(にゅうようとっきえん)などの重篤な合併症を併発していることが多く、注意が必要です。
  • 耐性菌の増加もあり、初診時に細菌検査を行うことが大切です。
  • 耳だれのほか、上咽頭分泌物を検査することもあり、後者のほうが細菌の陽性率が高くなります。
  • 難聴(なんちょう)は一般的には軽度ですが、特殊な菌の感染、あるいは重症感染時には内耳性難聴を起こすこともあるので、耳閉感が強かったり、難聴の自覚が強い患者さんでは、純音聴力検査を行い、難聴の程度や性質を知る必要があります。

急性中耳炎の治療方法

  • 耳痛、発熱の有無、鼓膜所見、耳漏の有無等をスコア化し、重症度分類を行います。
  • 軽症例では3日間経過観察し、改善しないようなら抗菌薬が投与されます。
  • 中等症以上には抗菌薬の内服が基本で、通常ペニシリン系が最初に選択されます。
  • 内服後の鼓膜の変化、細菌検査の結果などを参考に、適宜、抗菌薬を変更します。
  • 耐性菌が原因菌と判定された場合には、点滴静注、局所の洗浄などが行われます。
  • 重症例や抗菌剤5日間投与で改善が認められない時は、鼓膜切開が行われます。
  • 鼓膜は切開しても数日で閉鎖し、難聴などの後遺症は起こさないので、必要な時は恐れず鼓膜切開を受けてください。
  • 中耳炎では、同時に上気道感染を伴っていることが大半で、上咽頭の処置が必要になります。
  • 膿性鼻汁(のうせいびじゅう)の多い人には、吸引、鼻洗浄などの処置を行います。
  • 重症の患者さんには点滴静注が行われることもあります。
  • 高熱が続いたり、難聴顔面神経麻痺などの合併症が生じた場合は、救急手術(乳突削開術(にゅうとつさくかいじゅつ))による排膿が必要になります。

急性中耳炎に気づいたらどうする

  • 中耳炎はポピュラーな病気で、小児科単独で診察することも多いのですが、一時減少していた合併症が、耐性菌の増加のため近年増える傾向にあります。
  • 治療方針の決定に鼓膜の正確な所見が必要ですので、耳鼻科専門医による診察を受けるようすすめます。
急性中耳炎

耳の構造は大きく3つの部分で構成されます。外側に開いたところから鼓膜までが「外耳」、反対に耳の最も奥が「内耳」、そして鼓膜から「内耳」までの空間を「中耳」と呼びます。急性中耳炎は文字通り、この部分に急性の炎症がおこることです。子どもの耳管は大人に比べて太く短いため、6カ月〜2歳児によく起こります。