慢性(化膿性)中耳炎とはどんな病気か

 私たちの耳には、急性(化膿性)中耳炎がひどくなると、鼓膜(こまく)に穴があき、なかにあるうみを出し(自然排膿(しぜんはいのう))、炎症を治そうとするはたらきがあります。
 この時にあいた穴は自然に閉じますが、中耳炎を繰り返したり、治り方が不十分だと、この穴が閉じなくなり慢性(化膿性)中耳炎になります。ですから、急性(化膿性)中耳炎になった時にはしっかりと治療することが大切です。なお一般に、急性中耳炎、慢性中耳炎という場合は、この化膿性中耳炎を指します。

症状の現れ方

 鼓膜にできた穿孔(せんこう)(穴)から細菌が入り、うみが出てきたり、じくじくしたりします。これは耳だれ(耳漏(じろう))と呼ばれています。
 穿孔のため伝音難聴(でんおんなんちょう)が生じます。鼓膜穿孔が小さい時の難聴は軽度ですが、鼓膜穿孔が大きくなり感染が続くと、その影響が内耳(耳のなかの神経)にも及んで感音難聴(かんおんなんちょう)、耳鳴りを引き起こします。こうなると聞こえはかなり悪くなります。

検査と診断

 診断は、鼓膜をよく見ることが第一です。できれば手術用顕微鏡や拡大耳鏡を用いて、よく観察します。うみがあるかどうか、穿孔の大きさ、位置、発赤の有無、肥厚、石灰化などを調べることで、現在の慢性中耳炎の程度、今までどのくらいの炎症があったのかを判断できます。
 純音聴力検査(じゅんおんちょうりょくけんさ)で難聴の程度を測り、伝音難聴なのか混合難聴(こんごうなんちょう)(伝音難聴と感音難聴の両方が起きている状態)なのか診断します。穿孔を和紙などでふさいで聴力が改善するかどうかを調べると、耳小骨(じしょうこつ)(中耳にある小さな3つの骨)の音を伝える機能が正常かどうかわかります(中耳機能検査)。
 耳漏の細菌検査を行い、細菌の種類と抗生剤の感受性を判断して適切な抗生剤を使います。急性中耳炎と異なり、黄色ブドウ球菌、緑膿菌(りょくのうきん)などが多く検出されます。

治療の方法


(1)保存的治療

 耳漏をとめて、感染をできるかぎり軽くするのが目的です。外耳道・中耳腔の清掃、耳洗(じせん)、耳浴(じよく)(抗生剤を耳に入れて、しばらく横になっている)などを行います。急性増悪の時には抗生剤を内服します。
 なお、点耳液のなかには耳に毒性をもつアミノ配糖体系抗生剤を含む製剤があるので注意が必要です。
 耳漏が一時的にとまってもかぜをひいたり、体調を崩すとまた再発します。また、難聴は手術により鼓膜の穴をふさいで正常鼓膜をつくり、さらに耳小骨の伝音機能を治さなければ改善しません。感染を繰り返している間に難聴は進行し、時にはがんこな耳鳴りに悩まされることもあります。早めに外科的治療を受けることをすすめます。
(2)外科的治療
 通常、手術を行う前には側頭骨ターゲットCTを行います。病変がどこにあるか、耳小骨の変形の有無を知ることができ、手術の必要性、手術方法を判断します。医師に十分説明を聞いてから手術を受けてください。
 手術には、大きく分けて2つの方法があります。先ほど説明した中耳機能検査の結果が良好であれば鼓膜形成術を行います。局所麻酔、短期入院での治療が可能で、耳の後ろの皮膚から組織を採取し、生体糊(ヒト血液製剤)で穿孔をふさぎます。最近はさらに簡便な方法として、コラーゲンスポンジを穿孔にはさみこんで治療する治療法も考案されています。
 中耳機能検査で難聴が改善しない場合、鼓膜穿孔が大きい場合、炎症が高度の場合には鼓室(こしつ)形成術を行います。全身麻酔で伝音連鎖の再建と鼓膜の形成を行います。最近では手術方法が非常に改良されており、耳漏がとまるだけではなく難聴もかなりの率で改善します。外科的な治療には年齢制限はなく、高齢者の手術も増えています。

受診のポイント

 急性中耳炎の治り具合が悪い時、反復する時はしっかり治しましょう。耳の症状が長引く時は慢性中耳炎になっているかもしれませんから、早めに専門医の治療を受けてください。真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)との区別が最も大切です。素人判断は禁物です。