外リンパ瘻<耳の病気>の症状の現れ方

 蝸牛(かぎゅう)症状(難聴、耳閉感(じへいかん)、耳鳴り)だけの場合、前庭(ぜんてい)症状(めまい、平衡障害)だけの場合、蝸牛・前庭症状がみられる場合と、いろいろなタイプがあります。
 これらの症状は原因と同時に突然起こることもありますが、数日かけて悪化する場合や症状が改善・悪化を繰り返す場合もみられます。このように、症状の現れ方は一様ではなく、個人差があるのが特徴です。なお、発症時にパチッという音(ポップ音)が聞こえることがあります。

外リンパ瘻<耳の病気>の診断と治療の方法

 安静にするなどの保存的療法により治ることもあります。ただし、めまいが激しい場合、難聴が進行する場合、頭部外傷が原因の場合には、早急に中耳の手術(鼓室(こしつ)開放術)を行い、内耳窓の穿孔の存在部位を確認後にこれを閉鎖します。