急性鼻炎とはどんな病気か

 鼻腔の粘膜に、さまざまな原因で炎症が生じたものを鼻炎といいますが、そのなかで急激な経過をとるものを急性鼻炎といいます。

原因は何か

 急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻かぜと同じと考えてよいでしょう。大部分がかぜのウイルスによって引き起こされます。
 代表的なウイルスとして、ライノウイルス、RSウイルス、インフルエンザウイルス、アデノウイルス、コロナウイルスがあります。ウイルス感染に合併して細菌感染を生じることもあります。

症状の現れ方

 鼻づまり、鼻汁(びじゅう)、くしゃみといった鼻症状が一般的です。鼻汁は、初めは水性あるいは粘性ですが、細菌感染を合併すると膿性の鼻漏(びろう)になります。
 かぜの一症状なので、その他のかぜの症状、すなわち咽頭痛(いんとうつう)や咳(せき)、発熱、食欲不振、頭痛なども伴うことがあります。小児ではいびきが大きくなることもあります。

検査と診断

 鼻鏡所見でおおかたの診断がつきます。花粉症とまぎらわしいことがありますが、急性鼻炎の場合は鼻粘膜は発赤腫脹(しゅちょう)し、花粉症の場合は鼻粘膜は蒼白に腫脹することが多く、また、花粉症の場合は眼の症状を伴うことが多いため、この有無が診断のポイントになります。
 鼻汁の細胞診で急性鼻炎の場合は、好中球(こうちゅうきゅう)(白血球の一種)や脱落した鼻粘膜上皮細胞がみられますが、花粉症の場合は好酸球(こうさんきゅう)(白血球の一種)がみられます。

治療の方法

 かぜの治療と同様、対症療法が主体になります。鼻汁を抑えるために抗ヒスタミン薬を、鼻をかみやすくするために粘液溶解薬を投与します。小児は鼻をかめないため、後鼻漏(こうびろう)となって咳の原因となりがちなので、鼻をよく吸引することが大切です。
 通常は数日間で治りますが、副鼻腔炎(ふくびくうえん)を併発すると膿性の鼻漏がなかなか治りません。また、とくに小児は急性中耳炎を起こしやすくなります。

急性鼻炎に気づいたらどうする

 かぜに伴って鼻汁や鼻づまりがなかなか治らない、あるいはいびきが続くなどの症状がある場合は、副鼻腔炎などの合併を起こしている可能性があるので、一度耳鼻咽喉科を受診したほうがよいでしょう。