慢性鼻炎<鼻の病気>の症状の現れ方

 鼻づまりと鼻漏(びろう)が主な症状です。鼻づまりは、単純性鼻炎の場合は片側のみあるいは左右交代に起こりますが、肥厚性鼻炎の場合は常に両側の鼻づまりが起こります。
 鼻漏は粘性が多く、鼻がかみきれない場合もあります。また、鼻漏がのどに落ちる、すなわち後鼻漏(こうびろう)もよく起こります。

慢性鼻炎<鼻の病気>の診断と治療の方法

 ステロイドスプレーの鼻への定期的な噴霧が有効です。最近はステロイドといっても鼻スプレーのなかには全身への影響が少ないものも多数あり、ある程度長期的に使用できます。しかし定期的に使用しないと効果が十分現れないことがあります。また、アレルギー性鼻炎を合併している場合は、抗アレルギー薬などの内服薬も併用します。
 症状がひどい場合は、手術を行います。とくに、鼻中隔弯曲症を合併している場合は、鼻中隔矯正術と下鼻甲介切除術(かびこうかいせつじょじゅつ)を組み合わせた手術が有効です。また、下鼻甲介粘膜を電気やレーザーで焼灼(しょうしゃく)(焼いて取り除くこと)したり、アルゴンプラズマで凝固したり、下鼻甲介粘膜、下鼻甲介骨を切除したりして、肥厚している粘膜を減らすことで鼻づまりをとります。