慢性再発性アフタ<口・あごの病気>の症状の現れ方

 アフタは、白っぽい浅くて平らな潰瘍で、何もしなくても痛く、また強い接触痛があります。唇や頬の裏側、舌の横や下面、頬と歯ぐきの間にでき、突然発症し、通常、1週間から長くても2週間で、引きつり傷を残さずにきれいに治ります。発熱や全身倦怠感(けんたいかん)などの全身症状は伴いません。

慢性再発性アフタ<口・あごの病気>の診断と治療の方法

 通常はステロイド薬の入った軟膏や貼り薬を使いますが、アフタの個数が多い場合や、口の奥にできた場合には、ステロイド薬の入った噴霧薬、含嗽(がんそう)薬(うがい薬)なども使います。
 貼り薬は軟膏と異なり、シールを貼るように潰瘍面を被覆保護するため、食事時の痛みが劇的に減少します。そのため貼り薬は、アフタに貼ることが可能な部位で個数が少ない場合は、とても有効であるといえます。