根尖性歯周炎<口・あごの病気>の症状の現れ方

 原因となる歯を叩くと痛みがあります(打診痛)。歯は浮いた感じがして、軽度の動揺(グラグラすること)や持続性の鈍痛があります。
 歯ぐきがはれ、さらに進むと痛みを伴って唇や頬まではれてきて、歯ぐきにうみがたまるようになります。

根尖性歯周炎<口・あごの病気>の診断と治療の方法

 歯の根の治療をして、腐敗産物の排出路を作ります。さらに抗菌薬を投与します。