本来、歯の数は生まれながらにして決まっていますが、歯を形作る原基(歯胚(しはい))の数が何らかの原因で多い場合には過剰歯(かじょうし)、逆に少ない場合には欠如歯(けつじょし)が生じます。
 また、歯は正常に形成されても、骨のなかにとどまって口のなかに生えてくることができない場合があり、これを埋伏歯(まいふくし)と呼びます。以下、それぞれについて解説します。