歯肉線維腫症とはどんな病気か

 歯肉線維腫症は、遺伝因子が関係する遺伝性歯肉線維腫症と、遺伝因子とは関係のない特発性歯肉線維腫症に分けられます。遺伝性歯肉線維腫症は、増殖の程度が高度で、女性に多くみられ、家族的に発現します。
 硬く増殖肥大した歯肉が歯冠の大部分をおおうことから、古くは歯肉象皮症(しにくぞうひしょう)、歯肉巨大症などとも呼ばれていました。歯肉肥大は、乳歯が生えるころ、時には永久歯が生えるころから始まり、薬物による歯肉増殖症と類似しています(薬物性歯肉肥大(やくぶつせいしにくひだい))。

症状の現れ方

 通常、口のなか全体に歯肉肥大が対称性に起こりますが、奥歯より前歯の部分に高度にみられます。奥歯では、上あごでは裏側(舌側)、下あごでは表側の歯肉に肥大が高度にみられます。
 増殖肥厚(ぞうしょくひこう)した歯肉はピンク色をしており、硬く、表面は平滑で、炎症症状はほとんどみられません。また、歯の形、生える順番、あごの骨の発育に異常は認められません。
 全身的には、多毛症(たもうしょう)、精神発達遅滞(せいしんはったつちたい)を伴うことがあります。

治療の方法

 増殖肥大した歯肉を外科手術で切り取ります。再発することもありますが、一般的に予後は良好です。