セラモメタルクラウンとは

 セラモメタルクラウンは、陶材焼付け鋳造冠、メタルボンド(ボンド)、ポーセレンフューズドメタルクラウンなどとも呼ばれています。金属の表面に陶材(ポーセレン、セラミックス)を、七宝焼(しっぽうや)きのように焼き付けて製作される冠(クラウン)です。
 陶材(ポーセレン)は歯の色をしているため審美的に優れ、さらに対磨耗性や耐腐食性をもつ変形・変色しにくい優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという欠点をもっています。一方、歯科で用いられる金属、とくに金合金は加工性に優れ機械的強度も十分にもち合わせていますが、金属色であることから審美的には欠点のある材料です。
 この両者の利点をもち併せた冠が、セラモメタルクラウンです。すなわち、外側は陶材で歯の色を再現し、内側が金属で壊れにくい性質をもっています。

必要な処置

 ただし、金属の裏打ちをもつ陶材は透明感を出しにくいので、前歯などの審美的要求が大きい歯に用いることが多いこの冠の製作には、特別な技術が必要です。また、金属と陶材を合わせた厚さが必要なため、その分だけ歯を大きく削り込まなければ歯の色や形の再現が困難になるので、修復される歯も十分な厚みがある必要があります。場合によっては、たとえ生きている歯であっても歯の神経の処置が必要なこともあります。
 セラモメタルクラウンに用いる金属は焼き付け用金属、陶材は焼き付け用陶材と呼ばれ、熱膨張率を合わせた特別の材料を用いています。焼き付け用金属は陶材と強固に溶着される必要があることから、強い溶着力が得られる金と白金の合金が最も多く用いられています。溶着力が低いと、金属と陶材が口のなかではがれてしまいます。
 もしも口のなかで陶材がはがれたり割れた場合にも、最近では優れた修理用の材料があるので、すべてを替える必要は少なくなりました。