唾液腺炎<のどの病気>の症状の現れ方

 急性の炎症では、炎症を生じた腺のところに痛み、発熱などが起こります。すべての腺が炎症を起こすウイルス感染症やシェーグレン症候群では、唾液の分泌障害が生じ、口の乾燥感が現れます。
 唾液管末端拡張症は小児慢性再発性耳下腺炎ともいわれ、小児にみられる特殊な病気で、急性耳下腺炎を反復します。当初は流行性耳下腺炎と誤診されやすく、反復することにより疑いをもたれ、診断されることがほとんどです。

唾液腺炎<のどの病気>の診断と治療の方法

 細菌性の炎症では、抗生剤の投与が必要です。急性炎症が落ち着いたら、唾石など治療の必要な疾患がある場合はそれぞれの治療を行います。