唾石症<のどの病気>の症状の現れ方

 唾液は唾液腺を構成する無数の腺房(せんぼう)というところで作られます。腺房で作られた唾液は管を通じて集まり、最終的には1本の管(排出管)に集まり、口のなかに出てきます。多くの場合、結石はこの排出管のなかにできます。
 1本しかない排出管に結石があると、唾液の通過障害が起こります。食事をすると、唾液腺は唾液を作って口のなかに出そうとしますが、途中の結石のために唾液が口のなかに出ることができず、唾液腺内にたまり、腺そのものが痛みを伴ってはれてきます。酸味の強いものを食べた時などはとくに症状が強く出ます。
 ほとんどの唾石は顎下腺に生じますが、顎下腺の唾石では左右どちらかの(一度に両側にできることはほとんどない)あごの下がはれます。耳下腺では耳の前から下のほうが痛みを伴ってはれます。はれは、食事後しばらくするとだんだん取れてきますが、次の食事をするとまたはれるということを繰り返します。
 この症状は結石の大きさに比例しないことが多く、ごく小さなものでも管の出口をふさぐと強い症状が出ます。また食事ごとの症状はある時期にひどく出ても、一時的に出なくなることもあります。
 結石が次第に大きくなると、腺そのものの機能が低下し、唾液の分泌が少なくなってしまいます。このようになると、口のなかから細菌が管を通じて入っていき、急性の唾液腺炎を生じることがあります。唾液腺が痛みを伴ってはれ、排出管の存在部位の粘膜が赤くはれて、開口部からはうみが出ます。

唾石症<のどの病気>の診断と治療の方法

 結石は自然に排出されることもありますが、多くの場合は手術が必要です。排出管でも出口に近い部位にできたものでは、口のなかで排出管を切り開いて石だけを摘出することにより容易に治療できます。この手術では、まれに摘出部に粘液嚢胞(ねんえきのうほう)ができたり、結石が再発したりすることがあります。腺に近い部位や腺内にできたものでは、腺ごと石を摘出する必要のある場合がありますが、これを行えば再発することはありません。