マロリー・ワイス症候群<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 繰り返す嘔吐後の吐血、下血、心窩部痛(しんかぶつう)(みぞおちあたりの痛み)、立ちくらみなどがあります。痛みを伴う場合は、特発性食道破裂(とくはつせいしょくどうはれつ)(食道壁全層が破れたもの)の可能性があります。
 出血量が多い場合は、ショック状態になります。出血量は平均1000ml前後から2000mlとされ、輸血が必要な場合は10〜50%と報告されています。

マロリー・ワイス症候群<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 内視鏡検査で潰瘍から動脈性の出血が確認された場合は、ただちに内視鏡下に止血処置を行います。出血が止まっていても、潰瘍に凝血塊が付着しているもの、露出血管のあるものは再出血する可能性が高いため、同様に内視鏡下で止血処置を行います。止血処置には、潰瘍の露出している血管にクリップをかける方法、血管を電気焼灼(しょうしゃく)する方法などがあります。
 処置後は、潰瘍の深さ、全身状態などによりますが、一般に潰瘍の深いものは入院し、絶食、輸液療法などの治療を行います。潰瘍の治療として、H2ブロッカー、プロトンポンプ阻害薬などの酸分泌抑制薬を服用します。