胃アニサキス症<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 食後数時間以内に、急激な上腹部痛や嘔吐などの症状で発症します。腹痛は、幼虫の胃粘膜への刺入による機械的刺激よりも、むしろアレルギー症状によると考えられています。まれに、アナフィラキシーショック症状(急激な呼吸困難や血圧低下など全身的な生死に関わる症状)に陥ることもあります。

胃アニサキス症<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 胃内視鏡検査で虫体が確認されれば、その場で摘出します。確認できなくても、新鮮なイカなどを食べていて、この病気が強く疑われる場合は、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の投与によって症状は軽快し、予後は良好です。