メネトリエ病とはどんな病気か

 胃の巨大皺襞(しゅうへき)(しわ、ひだ)と低蛋白血症を特徴とした病気で、過形成性(かけいせいせい)胃炎とも呼ばれることがあります。まれに小児にも起こることがありますが、一般的には中年以降に発症します。

原因は何か

 低蛋白血症は、胃の粘膜から血液中の蛋白がもれ出ることで起こります。成人ではグラム陰性菌のヘリコバクター・ピロリ、小児ではサイトメガロウイルスが重要で、いずれもそれぞれの感染症の一部として理解されています。

症状の現れ方

 初期では、主に上腹部痛や嘔吐、あるいは下痢などの消化器症状が現れます。進行すると、低蛋白血症のために貧血や浮腫(むくみ)がみられるようになり、疲れやすい、全身がむくむなどの症状が出てきます。

検査と診断

 胃内視鏡検査が最も重要で、胃粘膜の巨大な肥厚が観察されます。また、胃内視鏡検査の時に生検(組織の一部を採取して調べる検査)を行うと、組織に胃粘膜の最も表層にある被蓋(ひがい)上皮細胞の過形成とともに、固有胃腺の萎縮(いしゅく)が認められます。さらに、血液検査で低蛋白血症があれば、蛋白漏出性(ろうしゅつせい)胃腸症としての検査を進めます。
 区別すべき病気としては、胃がんや胃リンパ腫が最も重要です。

治療の方法

 潰瘍を併発していれば、胃酸分泌抑制薬などの抗潰瘍薬を服用します。低蛋白血症に対しては、高蛋白食を数回に分けて摂取するようにします。ヘリコバクター・ピロリやサイトメガロウイルスの感染が証明されれば、それぞれの治療を行います。
 これらの治療が無効な場合で、胃粘膜からの蛋白漏出の程度が強いことが証明されれば、胃の部分切除術を考慮します。

メネトリエ病に気づいたらどうする

 メネトリエ病は、無症状で健診などで偶然に発見されることも多い病気です。消化器症状や疲れやすさなどがあったら、消化器科を受診しましょう。