急性胃粘膜病変(AGML)とはどんな病気か

 突然の上腹部痛や吐血あるいは下血で発症し、緊急の内視鏡検査で胃や十二指腸に多くの急性潰瘍、びらん、急性胃炎などが認められるものです。

原因は何か

 さまざまな原因で起こります。精神的・肉体的(手術、外傷、熱傷(ねっしょう)など)ストレス、鎮痛薬や解熱薬などの薬物、アルコール・香辛料などの多量摂取、そのほか、アニサキスの感染や内視鏡検査によるヘリコバクター・ピロリの感染、治療によるもの(肝動脈塞栓術(そくせんじゅつ)、食道静脈瘤(じょうみゃくりゅう)硬化療法など)があります。

検査と診断

 すみやかな内視鏡検査が唯一の診断法です。病変は粘膜に限局しており、内視鏡検査のタイミングが遅れると病変がわからなくなることも少なくありません。
 発症早期には、多発性・不整形の急性潰瘍・びらん(しばしば出血性)の鮮血、凝血塊(ぎょうけつかい)の付着、びまん性・斑状・点状の粘膜発赤などが認められます。

治療の方法

 原因がわかれば、それをすみやかに除去します。本症の治療は基本的には胃潰瘍十二指腸潰瘍に準じ、胃酸分泌抑制薬がとても効果があります。出血があれば内視鏡的止血術などが行われます。重い合併症がなければ、一般に予後のよい病気です。

急性胃粘膜病変(AGML)に気づいたらどうする

 腹痛や出血の程度が軽ければ、絶食して心身の安静に努めます。頭痛薬などの非ステロイド性解熱鎮痛薬(NSAIDs)を服用していれば、ただちに中止します。排便がある場合は、便の性状や色に注意します。
 ある程度以上の出血(吐血、下血)があるなら、血圧と脈拍をチェックし、血圧が100mmHgよりも低い、あるいは脈拍が毎分100以上になっている場合は、救急車を呼びます。