急性胃粘膜病変(AGML)<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 原因がわかれば、それをすみやかに除去します。本症の治療は基本的には胃潰瘍十二指腸潰瘍に準じ、胃酸分泌抑制薬がとても効果があります。出血があれば内視鏡的止血術などが行われます。重い合併症がなければ、一般に予後のよい病気です。