胃幽門狭窄症<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 症状としては、胃部不快感、膨満感、げっぷ、しゃっくりなどがあり、そうした苦痛が大量の嘔吐により改善します。嘔吐物やげっぷは強い酸臭、腐敗臭を伴います。

胃幽門狭窄症<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 まず、症状を安定させる治療が選択されます。嘔吐による脱水や電解質のバランスの乱れを補正するために輸液が重要で、また身体的・精神的安静も必要です。上部消化管内視鏡に先立って、胃管を挿入し胃内の洗浄を十分に行っておきます。胃に関するスクリーニング検査により、明らかな狭窄原因を認めた際には、治療は消化器専門医のもとで行うべきです。