胃内異物<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 胃内に異物が存在しているだけでは症状は認められません。しかし、胃幽門輪(ゆうもんりん)(出口)を通過し、小腸や大腸の生理的狭窄部に穴をあけて通り抜け、腹膜炎(ふくまくえん)を来すことがあり、この際は、腹膜炎症状として、腹痛、腹部圧痛、吐き気、下痢、腹膜刺激症状などがみられます。また、胃幽門部を通過しにくい胃内異物(大きい胃石、細くて長い箸(はし)・鉛筆など)は胃内に停留することで、胃部膨満感(ぼうまんかん)、一過性の吐き気・嘔吐、腹部違和感などの症状がみられることもあります。

胃内異物<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 治療はもっぱら内視鏡的異物摘出術が望まれます。異物の形状が安全な物(小さく、とがっていない)であれば、経過観察を行い、糞便とともに体外に排出されるのを待つこともあります。異物の形状が内視鏡では摘出困難な時は、腹腔鏡下手術または開腹手術が行われます。