クローン病とはどんな病気か

  • 小腸、大腸を中心とする消化管に炎症を起こし、びらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。
  • 症状は、腹痛、下痢、下血、体重減少、発熱などです。
  • 20代に最も多く発症しますが、ほかの年代にもみられます。
  • 欧米に多く、日本では比較的少ない疾患ですが、最近患者数が増えています。
  • 潰瘍性大腸炎と似ている点も多く、2つをまとめて炎症性腸疾患と呼びます。

クローン病の原因は何か

  • 遺伝的要因とそれに基づく腸管での異常な免疫反応のためとされていますが、解明されていません。
  • 食生活の欧米化によって患者数が増えているといわれ、食物中の物質や微生物が抗原となって異常反応を引き起こすことが、原因のひとつと考えられています。

クローン病の症状の現れ方

  • 下痢、腹痛、発熱、体重減少、全身倦怠感(けんたいかん)がよくみられます。
  • 血便はあまりはっきりしないこともあり、下痢や下血が軽度の場合、なかなか診断がつかないことがあります。
  • 口腔粘膜にアフタ(有痛性小円形潰瘍)や小潰瘍がみられたり、痔、とくに痔瘻(じろう)や肛門周囲膿瘍(のうよう)といわれる難治性の肛門疾患を合併したりすることがあります。
  • また消化管以外の症状として、関節炎、皮膚症状(結節性紅斑、壊疽性膿皮症(えそせいのうひしょう)など)、眼症状(ぶどう膜炎など)を合併することがあります。

クローン病の検査と診断

  • 潰瘍性大腸炎と異なり、炎症は口腔から肛門までの消化管全体に起こりえますが、最も病変が生じやすいのは回盲部(かいもうぶ)(小腸と大腸のつながるところ)付近です。
  • 病変が小腸のみにある小腸型、大腸のみにある大腸型、両方にある小腸大腸型に分類されます。
  • クローン病の病変は、非連続性といわれ、正常粘膜のなかに潰瘍やびらんがとびとびにみられます。
  • また、縦走(じゅうそう)潰瘍(消化管の縦方向に沿ってできる細長い潰瘍)が特徴的で、組織を顕微鏡で見ると非乾酪性類上皮細胞肉芽腫(ひかんらくせいるいじょうひさいぼうにくげしゅ)といわれる特殊な構造がみられます。
  • 大腸内視鏡検査、小腸造影検査、上部消化管内視鏡検査などを行い、このような病変が認められれば診断がつきます。
  • 血液検査では炎症反応上昇や貧血、低栄養状態がみられます。

クローン病の治療方法

  • 薬物療法として、5‐アミノサリチル酸製剤(サラゾピリン、ペンタサ)、ステロイド薬を使用します。
  • 食べ物が原因のひとつとして考えられているため、栄養療法も重要で、最も重症の時には絶食と中心静脈栄養が必要です。
  • 少しよくなってきたら、成分栄養剤(エレンタール)という脂肪や蛋白質を含まない流動食を開始します。
  • 成分栄養剤は栄養状態改善のためにも有効です。
  • 炎症が改善し普通食に近いものが食べられるようになっても、脂肪のとりすぎや食物繊維の多い食品は避けます。
  • 腸に狭窄や瘻孔(ろうこう)(腸管と腸管、腸管と皮膚などがつながって内容物がもれ出てしまう)を生じたり、腸閉塞、穿孔(せんこう)、膿瘍などを合併したりした場合、手術が必要となることがあります。
  • インフリキシマブ(レミケード)は、抗TNF‐α抗体製剤といわれる薬剤で、高い活動性が続く場合や瘻孔を合併している場合にとくに有効です。
  • アザチオプリン(イムラン)などの免疫調節薬も使用することがあります。

クローン病に気づいたらどうする

  • 長期にわたって慢性に経過する病気であり、治療を中断しないことが大切です。
  • 治療の一部として日常の食事制限が必要なことが多く、自己管理と周囲の人たちの理解が必要です。
  • 症状が安定している時には通常の社会生活が可能です。
  • 厚生労働省の特定疾患に指定されており、申請すると医療費の補助が受けられます。
【食後の腹痛や下痢に潜んでいる病気とは…】考えられる6つの病気

食事をした後、キリキリと胃が痛み出したり、突然の下痢に襲われたりすることはありませんか。「食べ過ぎたかな」「食中毒だろうか」など、不安になることもあるかと思います。食後、すぐに体を動かした時などは腹痛や胃痛、下痢が起きる場合がありますし、そうした時は少し体を休めて安静にしていると、自然と痛みが治まってくるはず。しかし、体を休めても全然痛みが治まらなかったり、そうした痛みが頻繁に起こったりする場合は、もしかしたら別の病気が隠れているのかもしれません。